2009年08月08日

ゴルフ スイング選択理論

ゴルフ スイング選択理論

飛距離アップ・正確性アップ・再現性アップは正しい選択の組み合わせで決まる!正しい選択の方法とは?








日本のゴルフ人口は1000万人と言われており、
要は、その数だけ身体的特徴があり、その数だけ上達へのストーリーがあるのです。
あなたもきっと思ったことがあるはずです。
年配ゴルファーでおかしなスイングをしている方が、80前半のスコアで難解コースを回ったり、女性ゴルファーであなたよりも飛距離があったり・・・。
練習場で一度はこんな経験はないでしょうか?


分かりやすく言えば、
あなたの身体的特徴に最適な方法を選択することが、
一番あなた自身を使い切ることが出来るということなのです。


逆に、どんなに理想の方法でも、ドラコン選手の方法を真似ても、
あなたの体にマッチしない方法では飛距離は出ないのです。
まさに、これこそが、多くのアマチュアゴルファーが思うように上達できない最大の原因なのです。


皆さんもご存知の通り、雑誌や本などでも、人によって、言っている方法がバラバラですよね?
180度違うことを言っていることも、よくあることです。
これだけ多くゴルフに関する雑誌や書籍、DVDが出ているのにもかかわらず、
アマチュアゴルファーの悩みは尽きません。


それは、あなたに合っていない方法だからです。


あなたは、あなたに最適な“オリジナルの型”を作ればいいのです。


私は、25年前より、背筋力が70kgも落ち、握力が20kgも落ち、
背骨も徐々に猫背になってきた今も、
自分自身の身体的特徴を正しく知ることにより、還暦前の今でも、
ドライバー飛距離270ヤード、スコア70台を手に入れているのです。
これは25年前と変わらない結果なのです。


この身体的特徴を全て把握し、その状態に合わせた選択肢を選ぶには、
本当に多くの、特徴の違うレッスンプロから学ばない限り、身に付きません。


私は、25年間、40,000人以上のゴルファーを指導してきて手に入れた、
知識・情報を今回まとめることに成功したのです。


それが、今回お話ししている「スイング選択理論」なのです。


私はこの理論がキッカケで、老若男女とわず、あっと言う間に、上達させることが出来るようになり、北海道苫小牧市という人口17万人の土地柄にもかかわらず、
そして、札幌から約60kmという距離にもかかわらず、
ティーチングプロとして、40,000人という圧倒的な人数を指導するにいたったのです。


この理論は、私のレッスン教室で、お伝えしているそのものです。
しかし、レッスンに来る生徒さんたちは、高い受講料を払って学んでいます。
それを、今回、破格で提供しようと思っています。(理由はページの最後に記載しています)


だから、私の生徒から猛批判をかうかもしれないと言ったのです。


あなたが、どれくらい飛距離UPできるのか?
考え方は簡単です。


もしドライバーの飛距離が、200ヤードくらいしか飛ばないのであれば、
飛距離に関して相当間違った選択を重ねている可能性があります。


方向性で考えた場合も一緒で、仮に方向性が20項目の選択肢で成り立っているとして10項目しか正しい選択肢を選んでいなければ、単純ですが50%の確率でミスショットが発生するイメージです。
もし3回に2回ミスショットが実際に発生しているのであれば方向性に関しては相当間違った選択を重ねている と言わざるを得ません。
今より飛距離を伸ばすことは、当たり前に出来ることなのです。



40,000人を指導してきた経験上、よ〜く分かっている事ですが、
“万人に通用するスイング”なんて絶対に存在しません!


○ “年齢”による体の変化
○ あなたの今現在の“柔軟性”
○ あなたの今現在の“筋力”
○ 今現在使っている“クラブ特性”や“シャフト特性”
もし、あなたがこれらの事を考慮しないでスイングしているのであれば…
あなた自身を100%使い切っていることは、ありえないのです!


重要なことは、あなた自身を正しく把握してください。
そうすることで、あなたに本来一番適している選択肢が何なのか分かります。
決して今まで実践してきた方法ではない事に気付きます。
そして、驚くほど簡単に「飛距離UP」「正確性UP」「再現力UP」が手に入ります。


事実私は、25年前より、背筋力が70kgも落ち、握力が20kgも落ち、
背骨も徐々に猫背になってきた今も、
自分自身の身体的特徴を正しく知ることにより、還暦前の今でも、
ドライバー飛距離270ヤード、スコア70台を手に入れているのです。
これは25年前と変わらない結果なのです。


実際に、数ある選択肢からあなた自身に一番適した選択を重ねると気付くのですが
1. 今まで気にして取り組んでいた部分が不要な事に気付きます。
2. 本来選択すべきスイングイメージが明確になります。
3. 本当に注意・修正する部分が明確になります。
4. スイングそのものが物凄くシンプル になります。
何故ならアマチュアゴルファーに 不必要なロジックの方が世に多く出回っているからです。


多分あなたもご存知の通り、スイングは約2秒、
インパクトの瞬間は1/100秒とか1/1000秒とか言われています。
あれこれ注意点など気にしながらスイングなんて不可能なのです。


気にしながら出来るのは、せいぜい1,2点くらいです。


しかし、今までは難しい理論や方法を身に付けようとしていた訳ですから、
体が言うことを聞いてくれません。
そのため何箇所も意識しなくてはいけなかったはずです。
これでは、簡単には上達することはできません…


選択理論は、あなた自身を使い切る方法ですので、そもそも無理がありません。体が言うことを聞いてくれます。
意識しながらやることは1、2点くらいなのです。
だからこそ、短期間で40,000人もの生徒がアッという間に
上達することが出来たのです。
ゴルフ【SELECT GOLF 〜スイング選択理論〜】







ゴルフ スイング選択理論〜

飛距離アップ・正確性アップ・再現性アップは正しい選択の組み合わせで決まる!正しい選択の方法とは?
posted by ゴルフ飛距離アップ at 20:14 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011/10/9時点====================================
Oracle オラクル試験を受験 ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 11g
=======================================================================
DBA 試験番号: 1Z0-018
SQL 試験番号: 1Z0-017
SQL 試験番号: 1Z0-051
Oracle オラクル試験を受験
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。