2011年04月17日

ゴルフはスイングがすべてです

ゴルフはスイングがすべてです

谷将貴のゴルフ非常事態宣言

横峰さくら推薦!女性のためのゴルフレッスンDVD




一応念のために言っておきますが、ゴルフはスイングがすべてです。

狙ったターゲットに球を真っすぐ飛ばすために最も重要なことは
「正しいスイングを身に付けること」です。

正しいスイングさえ身に付けてしまえば、あなたも彼らと同じように、
驚くべきスピードで上達することができるでしょう

事実、これまでに谷将貴の最新ゴルフ理論で正しいスイングをマスターした
30,000人以上のゴルファーは、皆例外なく、あっという間に、驚くほどボールが
まっすぐ飛ぶようになったり、ドライバーはもちろんのこと、
番手ごとのアイアンの飛距離も格段に上がっています。

さらには、スライスやトップ、ダフリなどのミスショットをすることも
限りなくゼロに近い状態まで無くすことができると思っています。

このように、正しいスイングさえマスターしてしまえば、ゴルフというのは
物凄いスピードで上達できてしまうゲームでもあるのです。

スイングをマスターした者は、ゲームを支配する。

これを忘れないようにしてください。

「では、どうすれば谷さんのスイング理論を学べるのですか?」
「正直、スクールに通うような時間は取れないんですが・・・」

はい、そんなあなたの為に
私、谷将貴の最新ゴルフ理論のすべてをDVDに完全収録することにいたしました。

そのDVDの内容のほんの一部をご紹介すると・・・


あなたは日々の練習で本当にゴルフが上達しているでしょうか?
上達しない理由、それは練習するポイントが間違えているから。
ゴルフが最短で上手くなりたければ、ここで紹介している3つの要素だけに集中し徹底的に練習をしてみましょう。

約9割以上のアマチュアゴルファーは、ドライバーでスイング作りをしています。
しかし、プロ、または、トップアマは実はドライバーでは練習しません。なぜなのか?
なぜ、ドライバーでスイング作りをしてはいけないのか?その理由をお伝えします。

グリップでゴルフのスイングは相当変わってくるということをお伝えしましたが、
そのグリップにも4つの注意点があります。
それを知りマスターしていくことにより、あなたの打つボールは曲がらなくなり、
驚くほど真っすぐに飛ぶようになります。


アドレス時の前傾を一度マスターしてしまえば、パターを抜かし、
ゴルフクラブ13本を番手に合わせて完璧に使いこなせるようになります。
ドライバーのスイング、フェアウェイウッドのスイング、アイアンのスイング、アプローチのスイングは、
すべて一緒です。変わるのはこの前傾だけなのです。
ゴルフクラブ13本を使いこなす前傾を今すぐマスターしてください。

「もっともっとボールを遠くに飛ばしたい!」「260ヤード、280ヤードを飛ばせるようになりたい!!」
そんなドライバーの飛距離を格段にアップさせたいと思っているあなたに、
谷将貴の最新バックスイング理論をお教えします。
この体の使い方を身に付けることによりプラス30ヤードも夢ではないでしょう。

トップ、ダフリなどのミスショットの原因は、すべてダウンスイングからくるものだと言っても過言ではありません。
さらに、あなたが今実践している一昔前までのダウンスイング理論では、
それらミスショットを連発して当り前。私がお伝えするダウンスイングを身に付け、トップ、ダフリをなくしましょう。
「最速スコアアップの秘密」インパクトをマスターする

もしあなたがスコアを最速で伸ばしたいというのなら、まずはインパクトをマスターする必要があります。
私、谷将貴の最新ゴルフ理論の肝は、実はこのインパクトにあります。
バックスイングやダウンスイングなど多少他のポイントが崩れていたとしても、
このインパクトをマスターするだけで、ボールをより遠くにまっすぐと飛ばせるようになり、
最速で飛躍的なスコアアップを実現できるようになります。
プロゴルファー同様のスピンや飛距離を実現させる方法

テレビなどでよく見るプロゴルファーは、なぜ、あんなにもボールにスピンをかけられるのか?
なぜ、あんなにも勢いよくボールを遠くに飛ばせるのか?不思議に思ったことはありませんか?
実は、それにはあなたが知らない秘密があるのです。
その秘密を知ることにより、あなたもプロゴルファー同様のスピンや飛距離を出せるようになります。
プロしか知らない秘密を今すぐ知ってください。
ボールに最大のエネルギーを伝えるためのフォロースルー

理想的なフォロースルーを身に付けることにより、ボールに体全身のエネルギーが最大まで伝わり
MAXまで飛距離を伸ばすことができるようになります。
もちろん、理想的なフォロースルーを身に付けることでボールのコントロールも抜群によくなります。
飛距離アップ、そして、ボールのコントロール、この2つを理想的なフォロースルーで最高まで高めてください。
体型に一切関係なく、飛距離をアップさせる3つの方法

実は、ドライバーで飛距離を出すために筋力や体力は必要ではありません。
3つの方法さえ理解していれば、あなたの体格、体型に一切関係なく、
ドライバーで飛距離を出すことができるようになります。
例え、あなたの体格が小柄であっても、一般の人よりも筋力が弱くても、
アベレージゴルファーよりもダントツな飛距離を出せるようになるはずです。
飛距離をダントツにアップさせる3つの方法を公開します。
ヘッドスピード「42、3m/s」の最適な打ち出しの角度とは

ヘッドスピードにより最適な打ち出しの角度があるということをご存知でしたか?
それを知ることにより、最小の力でボールはより正確に、そして、より遠くへ飛ばすことができるようになります。
一般的なアマチュアゴルフファーのヘッドスピードはだいたい「42、3m/s」。
このヘッドスピードに最適な打ち出しの角度をお教えします。
下半身を上手く使いヘッドスピードを最速までアップさせる

下半身の使い方を少し変えるだけで、今よりも格段にヘッドスピードを上げることができます。
具体的には、腰の捻転差を調節していくのですが、
誰でも簡単に手に入るある道具を使うことで最も良い腰の回転ができるようになるのですが、
それをくり返し練習していくことで知らず知らずのうちにヘッドスピードが最速までアップします。
なので、あなたもこの道具を使いヘッドスピードを最速まで上げてください。
最新ゴルフ理論に基づいた、パター、アプローチの攻略法

パターやアプローチなどのショートゲームもゴルフ上達(スコアアップ)には絶対に欠かせないものです。
プロ、アマ問わず、ショートゲームでいかにミスショットをなくしていくか、これが最も重要だと言ってもいいでしょう。
そこで、谷将貴の最新ゴルフ理論に基づいたパター、アプローチの攻略法をご紹介していきます。
ショートゲームをマスターする3つのポイント(方向性、距離間、セッティング)をしっかりと身に付け、
飛躍的なスコアアップを実現させてください。
距離感が正確につかめるようになる!1日5分の練習法

アプローチの距離感がつかみきれていないアマチュアゴルファーの方を非常に多く見ます。
普段の練習場では上手く寄せることが出来ているのに、いざコースを回ると、なぜだか距離感が狂ってしまう。
そんなあなたのために、1日5分、自宅でできるアプローチの練習法をお教えします。
この練習を毎日繰り返すことにより、コースでも正確にアプローチの距離感をつかめるようになります。
今日からさっそく自宅で実践してみてください。

以上のことを知ってい頂ければ、あなたもこれまで谷理論を実践した
30,000人と同じように、飛躍的なスコアアップを実現できるはずです。

この最新ゴルフ理論をマスターして頂ければ、ボールも真っすぐ飛ぶようになり、
意図しないスライスやフックに悩まされることもなくなります。

また、トップやダフリなど、大切な場面でのミスショットも激減し、
限りなくパーフェクトなゲームをすることができるようになるでしょう。

何度も言うようですが、この理論はアマチュアの皆さんだけでなく、
プロゴルファーの方々にも今たいへん注目を集めている理論でもあります。

特に、真っ先に私のゴルフ理論を信じて実践してくれた片山晋呉プロは
その後3年に渡り、連続して賞金王に輝くことができました。

さらに2008年には、なんと永久シード選手にまでなることができたのです。

この最新のゴルフ理論を取り入れるも、取り入れないも、
100%あなた次第ですが、もし飛躍的なスコアアップを望んでいるのなら、
間違いなくこのゴルフ理論が必要になってくるはずです。

それは、片山プロを筆頭に、延べ30,000人のアマチュアゴルファーが証明してくれていることでもあるのです。
谷将貴のゴルフ非常事態宣言


究極のゴルフスイング理論“
パークゴルフ エキスパートマニュアル
たのしく「走る」を身につけよう!
マラソン初心者のためのフルマラソン完走プログラム
posted by ゴルフ飛距離アップ at 08:27 | 高知 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフ歴がたった3年で72のパープレーで回ってしまう

ゴルフ歴がたった3年で72のパープレーで回ってしまう

谷将貴のゴルフ非常事態宣言
ここでハッキリと言っておきますが、飛距離が出ない、
ミスショットが多くてスコアを縮める事ができない、
などの原因は、決してあなたにある訳ではありません。

すべて、今あなたが常識として信じているゴルフ理論に原因があるでしょう。

一般的にアマチュアゴルファーの最終目標でもある平均70台のシングルプレーヤーなるためには、
毎日の自己練習はもちろん、 最低でも年間30回以上のラウンド数を回らなければならないと言われています。

さらに、そこまでしてもシングルになるまでに約3〜5年の時間がかかり、
膨大な時間と莫大なお金を費やさなければ
ゴルフは上達していかないというのがこれまでの常識でした。

しかし、それは以前までの古いゴルフ理論での話です。

実は今、多くのゴルフプレーヤーたちが時間やお金を費やさずに、
短期間で飛躍的にスコアを縮めています。


とてつもないスピードで上達する人たちが続々と誕生しているのです。

また、ゴルフ歴がたった3年で72のパープレーで回ってしまうなど、
とんでもないアマチュアゴルファーまで出現しているくらいなのです。

もちろんこれは、その人たちが一般の人よりも時間やお金に恵まれ、
ゴルフに集中できる環境が整っていたからという訳ではありません。

ましてや、体格や体型、才能(センス)などにも恵まれていたという訳でもないのです。

さらに、練習時間に関してもラウンドでプレーできるのは月に1回あればいい方で、
あとは週に2回〜3回の打ちっぱなし、ないしは自己練習がメインでした。

このように、身体的にも環境的にも決して恵まれているとは言えない
ごくごく一般的なアマチュアゴルファーたちが、
これまでの常識では考えられないくらいの驚くべきスピードで上達していっているのです。
あなたは、こんな常識を信じていませんか?

* インパクトはアドレスの再現である
(インパクトでの両手の位置はアドレスと変わらない)
* バックスイングでは、体重の8割〜9割を右足に乗せる
* ボールを遠くに飛ばすには、体のひねり(上半身の回転量)とスピードが必要
* フィニッシュでの体の形は「I字型」がいい
* ダウンスイングでは、クラブを立てて下ろしてくるようにする
* バックスイングでは、肩と腰のひねりの差が重要になってくる
* トップからダウンスイングへと移る切り返しで、フルパワーでボールを叩く

などなど・・・

もしあなたが、こんな常識を未だに信じていたのなら、
上達が遅い、もしくは、上達できなくて当たり前です。

今ぱっと思いつく限りで、これまで常識とされていた代表的な7つのゴルフ理論を挙げましたが、
もっともっと詳しく挙げると、さらに20個以上の理論を挙げることができます。

そして、それらの理論というのは以前までの古いゴルフ理論で、
実は、ゴルフを上達させる上で間違っているものが非常に多くあるのです。

例えば、バックスイングでは体重の8割〜9割を右足に乗せる
というものがありますが、これは完全に間違いです。

8割〜9割と極端に右足に体重を乗せてしまっては、
アドレスで作った前傾姿勢をキープしたままでトップオブスイングを作ることはできません。

そのため多くのゴルフプレーヤーたちが、必要以上に体を回してしまう ことになり、
右へのスウェーといった悪癖もついてしまっているのです。

また、より大きな飛距離を出すために体のひねり(上半身の回転量)が
必要になってくるという常識ですが、これも間違いです。

実際は、ボールをより遠くに飛ばすためには、
テークバックでの右手首と右腕の角度は90度、右ヒジの角度も90度、
この状態で肩を回す角度も90度です。

これが重なった形がトップオブスイングになります。

こんなことを言うと、あなたは、
「それだけしか体を回さなくて、本当に飛距離がでるの?」
「両手をもっと高い位置まで上げた方がいいんじゃないの?」
などと思われるかもしれません。

しかし、この形がボールをクラブフェイスの芯で捉え
最も飛距離が伸びる究極の形なのです。

事実、先ほどお伝えした、


というアマチュアの方は、この理論を実践した結果でもあります。

また、トップからダウンスイングへと移る切り返しで、
フルパワーでボールを叩くということも常識となっていますが、
この考え方も大きな間違いです。

ボールに対して力を発揮しようとすると、ダウンスイングで右腰、右足だけでなく、
右腕も前に出る動きになり、クラブが正しいインパクトプレーンから外れてしまいます。

なので、トップからダウンスイングへと移る切り返しで、
力を出す正しい方向は、ボールではなく、「目標」ということになります。

体のラインと平行に力を出していくことで、
結果的にボールをより強く押せるようになるのです。

自分の左側に何か大きな物体があり、それに対して体当たりするかのように、
目標方向に押していくイメージです。

こうすることにより、いつでも真っすぐに、そして勢いのある
ボールを打つことができるようになります。

これら昔のゴルフ理論を指摘するポイントは、まだまだ沢山ありますが、
すべてを説明してしまうと500ページを超える本一冊分以上にもなってしまうため、この辺で止めておきます。

このように、今あなたが常識として信じているゴルフ理論でゴルフをプレーしていても、
以下のような悩みが出てしまうのは当り前の話なのです。

「ティーショットで、毎回スライスしてしまう・・」
「アプローチの距離間もつかめず、アイアンの精度も一向に上がらない・・」
「ヘッドスピードが遅く、芯にも当てられないため、飛距離がまったく出ない・・」
「ボールを上げようと意識すると、決まってトップを叩いてしまう・・・」
「飛ばしたい場面に限って、必ずダフってしまう・・」

では、どのようなゴルフ理論があなたを爆発的に上達させるのか?

それが、私、谷将貴の最新ゴルフ理論です。
谷将貴のゴルフ非常事態宣言


究極のゴルフスイング理論“
パークゴルフ エキスパートマニュアル
posted by ゴルフ飛距離アップ at 08:25 | 高知 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最新のゴルフ理論を身に付ければ

最新のゴルフ理論を身に付ければ

谷将貴のゴルフ非常事態宣言
* 「ティーショットで、毎回スライスしてしまう・・」
* 「アプローチの距離間もつかめず、アイアンの精度も一向に上がらない・・」
* 「ヘッドスピードが遅く、芯に当たっていないため、飛距離がまったく出ない・・」
* 「ボールを上げようと意識すると、決まってトップしてしまう・・・」
* 「飛ばしたい時に限って、必ずダフってしまう・・」

などなど・・・、こんな状態から何年も抜け出せずに伸び悩んでいませんか?

もし、そうでも安心してください。

このサイトで公開している最新のゴルフ理論を身に付ければ、それらの悩みは一切なくなります。

はじめまして、谷将貴と申します。

私は、アメリカでのゴルフ留学で最先端のスイング理論をマスターし、
これまで延べ30,000人以上のゴルファーの飛躍的なスコアアップを実現させてきました。

その中には、04年、05年、06年、と連続して賞金王に輝いた片山晋呉プロも入っており、
私自身も3年連続でJGTOベストサポート賞(※)に選出されました。

※ JGTOとは「日本ゴルフツアー機構」の訳で、
その中でのベストサポート賞というのは、コーチ、またはレッスンプロにとって、
非常に名誉ある賞(最高位の賞)と言っても過言ではないくらいの特別な賞です。
posted by ゴルフ飛距離アップ at 08:23 | 高知 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

谷将貴のゴルフ非常事態宣言

谷将貴のゴルフ非常事態宣言

延べ30,000人以上が飛躍的なスコアアップを実現!! プロゴルファー片山晋呉を4度も賞金王に導いた 日本トッププロコーチ、谷将貴が最新ゴルフ理論をついに公開!





ご存知の方も多いと思いますが、
私は2000年に年間5勝を挙げ賞金王に輝いて更なる、スイングの進化を求めて、
日本のトッププロコーチである谷コーチにお願いし、最新のゴルフ理論を
教えていただくことにしました。

トッププロで活躍する私ですら、
まったく新しい初めて聞くような内容を、次から次へと教えてもらい、とても驚いた
ことを今でも鮮明に覚えています。

日本人の体型、体格にあったスイングのやり方から、
ボールをより遠くに飛ばすためのテクニック、そして、アプローチの攻略法や
パターの攻略法に至るまで、様々なゴルフ理論を教えていただきました。

その結果、04年、05年、06年と、 連続で賞金王を獲得し、
2008年には、遂に悲願である史上7人目の永久シード選手になることができました。

このような結果からも、その後、谷コーチがこの最新ゴルフ理論で、
延べ30,000人の アマチュアゴルファーの飛躍的なスコアアップを実現させたことにもうなずけます。

谷将貴の最新ゴルフ理論は、プロゴルファーだけでなく、
アマチュアゴルファーのあなたにも、間違いなくお勧めできるものだと確信を持っています。
谷将貴のゴルフ非常事態宣言


谷将貴のゴルフ非常事態宣言

延べ30,000人以上が飛躍的なスコアアップを実現!! プロゴルファー片山晋呉を4度も賞金王に導いた 日本トッププロコーチ、谷将貴が最新ゴルフ理論をついに公開!

横峰さくら推薦!女性のためのゴルフレッスンDVD
最短ゴルフ上達法
究極のゴルフスイング理論“

posted by ゴルフ飛距離アップ at 08:22 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011/10/9時点====================================
Oracle オラクル試験を受験 ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 11g
=======================================================================
DBA 試験番号: 1Z0-018
SQL 試験番号: 1Z0-017
SQL 試験番号: 1Z0-051
Oracle オラクル試験を受験
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。